HOME > 技術情報

技術情報

開発の紹介

■機能設計技術

<ボルト・ナットの設計・その他部品の設計>

  1. VDI2230を参考とした高強度締付設計
  2. 社内設計手順による設計

■設計検証(評価)技術

<商品の設計検証>

  1. 各種試験装置を用いた設計検証(評価)の実施。

疲労試験機 50kN 200kN

疲労試験機 50kN 200kN

ボルトの疲労試験の他、開発商品の疲労強度を評価する。

振動試験機

振動試験機

商品の振動による共振点の測定の他、振動耐久性を評価する。

オイルジェット試験機

オイルジェット流量試験装置

オイルジェットの流動特性、開弁圧、的中率を評価する。

ボルト試験機

ボルト試験機

ボルトの締め付け特性(締付け軸力、締付けトルク、摩擦係数)を評価する。

■加工技術

<冷間鍛造技術>

  1. ボルト・ナットの生産で得た金型設計技術により自動車部品の高速、高精度生産に挑戦する技術
  2. 鍛造による加工硬化を利用した小型化薄肉加工技術

<塑性加工技術>

  1. 塑性加工の技術種類の豊富さを生かした軽量化技術
  2. 転造、押出、管曲げ、スプール、深絞り、液圧バルジ、液圧対向プレス
  3. 板、棒、管などいずれの素材も塑性加工可能な技術力

<表面処理技術>

  1. 鋼の表面に耐摩耗性、耐熱性を与える傾斜機能材料の技術
  2. 鋼の摩擦係数を調整する表面処理技術

■冷間鍛造工程

このページのTOPに戻る


Engineering Technology